宝石学 
ダイヤモンドの4C

  

ダイヤモンドの価値を決める「4つのC」

「4つのC」とはCarat<カラット> Color<カラー> Clarity<透明度> Cut<プロポーション> のことです。

この4つのポイントの総合評価によってダイヤモンドの価値が決まります。

 

Carat:カラット(重量)

ダイヤモンドを始めとする宝石の重さの計量単位です。1.00ct=0.20gです。カラットは”ct”と表記されます。

  

Clarity:クラリティー(透明度)

傷や亀裂、内包物(インクルージョン)の有無とその量により判定されます。判定には10倍のルーペを使います。肉眼でも傷や内包物が発見できるIグレード(ピケと呼びます。)から、10倍の拡大でも無傷なフローレスと呼ばれる最高の品質まで11段階の等級に分類されます。

  

Color:カラー(色)

ダイヤモンドにとって最高のカラーは無色透明であることですが、無色に見えてもほとんどのダイヤモンドは黄色みを帯びています。マスターダイヤモンド(比較石)を使って最高のDカラーからZカラーまで23段階に分類されます。

Cut:カット(プロポーションとフィニッシュ)

ダイヤモンドの美しい輝きは優れたカット技術を必要とします。プロポーション(形状)と
フィニッシュ(仕上げ)の総合評価からエクセレントからプアーまで5段階に分類されます。

Excellent
Very Good
Good
Fair
Poor
エクセレント
ベリーグッド
グッド
フェア
プア

ダイヤハート&キューピットとは…

プロポーションとシンメトリー(対称性)が良いダイヤモンドは8つのキューピットとハートが観察されます。左側の写真はダイヤモンドをクラウン側から、右側の写真はパビリオン側から特別な条件で撮影したものです。

ハート&キューピットは特に婚約リングの時に、注目されるダイヤモンドです。
夢やロマンをたっぷり盛り込んだダイヤモンドです。

  

copyright(c)dresslegend.com