日本の宝石の価値観 〜空間の美〜   

空間の美
 


和の心・・非常に深すぎてどう表現したら良いか非常に悩みます。

絵、建物、音楽、芝居、着物、小物、花、香、言葉、字

どれをとっても本当に素晴らしい

日本には空間の美があります。

華道の時、花を生けていて、花を見せる為に生けているのでなく、

花を使って空間を作っていくことを教えられました。

又歌舞伎を見ていたとき、一瞬、全ての音がとまる瞬間がありました。

その話は女が男に振られて、悲しさのあまり、自殺をしてしまいます。

けれど、それでも諦めきれず、化けて男の前に現れます。

一瞬とまった空間は女の怨念と寂しさを無音で表現している一番の見せ場だったのです、

無心 というのが共通点でしょうか。

無になる。

邪念を捨て、無になることが大切。

ある巨匠の言葉「個性なんてものは捨てて、ひたすら型を繰り返しているうちに

自ずと無心な状況が生まれそこから型を超えた自分の味わいが滲みでてくるのです」

copyright(c)dresslegend.com