ギリシャ神話 叙事詩 
12星座とギリシャ神話
  

  星座そのものがギリシャによって作られたものと思っている方も多いかもしれません。
 しかし現実は、占星術を見出したのはバビロニアのカルデア人により考案されたものと言われています。
 天体に関する神話の起源はメソポタミアにあるとされますが、それがギリシャ・ローマに伝わり、
 神話と占星術が融合され彼らの手によって現在に語り継がれるものとなりました。
 ここでは、12星座にまつわる、星座の物語をご紹介していきます。

おひつじ座
おひつじ座の説明
継母いじめから救った黄金の羊の物語
おうし座
おうし座の説明
純白な牛の強引なプロポーズ
ふたご座
ふたご座の説明
美しき兄弟愛と哀しすぎる結末
かに座
かに座の説明
精一杯の師弟愛と力・・・報われず
しし座
しし座の説明
史上最強のライオンとヘラクレスの戦い
おとめ座
おとめ座の説明
冬の誕生と美しき母子の物語
てんびん座
てんびん座の説明
人間の堕落に涙する女神の物語
さそり座
さそり座の説明
傲慢心に大地の天罰下る
いて座
いて座の説明
最初の安楽死問題になる悲しき物語
やぎ座
やぎ座の説明
あわてんぼうの滑稽な道化師
みずがめ座
みずがめ座の説明
神に選ばれた美しい少年の物語
うお座
うお座の説明
美と愛は離れない微笑ましい物語


copyright(c)dresslegend.com